テーマ:DIY

ビニールハウスが再生出来ない;;

 昨年は台風が2発も愛知県を直撃しました。。。 通常の大きなハウスでさえ、場合によっては倒壊するくらいなので、 うちのような小型ハウスはもちろん耐えられない。。  なので、台風が来るとわかれば骨組みだけを残して、 その都度完全撤去しないといけないから大変な作業です。  特に9月の台風は愛知県がモロに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小型ビニールハウスをついに作る!-4

 苗作りの小型ビニールハウスと言えど、 初めてのハウスなので完成早々とても愛着が出てきます。 ハウス本体と、手作りの育苗棚だけでもほぼ満足なのですが、 せっかくなので予算の範囲内でちょっと小物を揃えてみました。  温度・湿度計。  必需品といえば必需品ですが、 このような小型ハウス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小型ビニールハウスをついに作る!-3

 棚の足りない部品を待つ間、もうビニールを張ってしまおう。 と、いっても特にこれといったネタになるような作業ではなく;; 腹蒔きのようにハウスをビニールでグルっと巻きながら あらかじめ取り付けてあるビニバーという金具に、 「wwwwww」←こんな形の針金金具をはめ込みながら ビニールを固定していきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小型ビニールハウスをついに作る!-2

 骨組みが完成したビニールハウス。 育苗やその作業に使用するのが目的のハウスなので、 効率よく、かつ機能的に上手く活用できるように、 ビニール張りの前に棚を自作でDIYします。  棚と言っても、木材やらでまともに日曜大工すると かなり材料費もかかってしまうし、常に水がかかる事を考え たら、それの防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小型ビニールハウスをついに作る!-1

 なかば勢いで買った小型ビニールハウス。 小型タイプなんて、パイプつなげてビニール張れば出来上がり、 なんて気楽に考えていたのですが、購入時にさっそく説明書を 見るなり、しばらくそのまま封印してしまった^^; 「なんか、組み立て面倒くさそうだったんですよ;;」 ・・・説明書のページ数多かったし・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カブトムシ飼育箱・改!

 当然の羽化ラッシュで焦った7月半ば。 成虫を移動させるだけなら、ささっと準備して今年も 活用予定の我家の手作りカブトムシ小屋。 制作の様子はコチラ  少し直したいってずっと思ってたのにかなりサボってました><;  気になってたのは、空間面積をそこそこ確保しても あんまカブトムシ自体が飛ぶ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

手作り動物小屋の制作④「完成」

 突貫工事で行き当たりばったりで一気に作ったのですが、 制作のスピードにブログ記事のまとめが追いつかず^^;、 少し遅くなった完成編。 そうそう、どうやらこのタヌキ。  一時的に飼っていた檻やケージの中での観察から、 「トイレと寝る場所は同じ所にこだわる習性があるようです」 猫用のトイレも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作り動物小屋の制作③「塗装と内装」

 床部に施工したコンクリがしっかり乾く間、内装や補強を制作。 (コンクリには急結剤を入れなかったので、なかなか時間かかる;;)  コチラは内ドア。  そう、ドアは2枚です。 小屋のドアだけだと、開けた瞬間に脱走される恐れがあるので、 ウエスタン方式の中ドアを作ります。    次に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作り動物小屋の制作②「一気に組み立て」

 カブトムシ小屋・池・うさぎケースなど、毎度の事ですが、 「今回も設計図も何も無し」 大工でもないので、マニュアルも無いし構造もテキトーです^^;  さて、時間も無いので一気に作っていきます。 床周り、壁の立ち上がりの部分は腐食防止や ガリガリ掘られても困るので、コンクリ仕様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手作り動物小屋の制作①「構想と条件と場所」

 う~~ん、犬・うさぎ・にわとりなどの飼育小屋と比べ、 「たぬき」となるとかなりいろんな厳しい条件が伴う。 作り始める前に頭の中を整理。 ①とにもかくにも丈夫さ。 ②床部は洗浄出来るようにコンクリ仕上げで無くてはいけない。 ③風通しと日当りも最低限確保。 ④金網のサイズと柱とのジョイント問題。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-10「水作りとレイアウト」

 とりあえずめいっぱい入れた新水だけでは、 なにも微生物もバクテリアもないので、最初見た目よさげでも 数日経つと一気に水が痛んで、病気の可能性も十分あります。  なによりこの新水がなんとなく透明感が高くないような・・・?。 濁っているとか、白濁とかいうほどでは無いんですが、 なんとい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-9「防水仕上げ」

 天候不順で少し遅れましたが、いよいよ仕上げw 今回はビニローゼで鉄板仕上げ。 簡単に言えばビニール塗料。 FRPやらウレタン塗料やらいろいろありますが、 なにぶん無精なので、塗りの楽なこれで確定。  で、工程時期ピッタリに取り寄せで到着~~。 サクッと最安値の常連店舗で購入しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-8「アク抜き」

 前はアナログ方式で1カ月かかったコンクリのアク抜き・・・。 今回は専用溶剤「アクアマリン ソフト」をお取り寄せ*  1本で1t用なので、4本購入。 でも、使用前に少し疑問が。。。 これ、コンクリにしみ込んでアクを抜くので、樹脂や塗料で覆ってから では意味が無い。  そう、僕んとこ樹脂モルタル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-7「樹脂モルタル」

 前回の腹案?というほどではないかもですが、 モルタル塗りの表面を整えるのと、防水加工兼用に 今回使うのはコレw 「防水用樹脂モルタル」 いろんなものがあるものです。 モルタルなのか、樹脂なのか、塗料なのか。。。 池の施工にもと書いてはありますが、「簡易防水」とも書いてある@@;  一度…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-6「2度塗りと補修」

 案の定、カーブのキツい部分にはクラックが出来てる。 とってもやりたくなかったけど、もう一回モルタルを塗る事にしよう;;  先に、大きなくぼみやヒビは止水セメントをすりこんでおく。    池のふちにはすでに置き石がグルッと一周配置してあるので、 あまり池の内側にモルタル塗ると、上から見た時に置き石よりも壁面が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-5「モルタル塗り」

 前日にやっておいた穴埋めは何とか無事成功。 次はいよいよ一番めんどくさいモルタル施工。 つなぎ目が出来ないよう用に、側面一周を一気に行きます。  新しく買ったプラ船・かくはん鍬・コテ。 コテは今回柔らかいステンレス製でいってみるw 砂の半分はきめの細かい「桂砂」の5号。(高っかいのよね;これ;;)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-4「水漏れ個所発見」

 一滴残らず完全に水を抜きとっても、 数十分で小さな水たまりが。。。 水を貼ってる時は水漏れ個所が、水を抜いてるときは浸水箇所に。  這いつくばって探してみると、2か所ありました。 画像はちと見にくいですが、中央の黒い点、 穴の大きさはつまようじで刺したくらいのサイズで、 この画像内では1か所…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-3「まさかの高圧洗浄機」

 ダメもとで、なんとなく夕飯時に父親に、 「知り合いか会社にさあ、高圧洗浄機ってないかな~?」 と、言ってみた。まあもしもあって、尚且つ借りれたらラッキ~程度。  すると翌日。 昼間ふと玄関先をみると、 なんとwドスンと新品の高圧洗浄機が@@;!!!  携帯かけて聞いてみると、 なんか、粗品か景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-2「水を全部抜く」

 とりあえず。 「水を抜こう!!」 といっても、池の底にはもちろん排水溝が無いので、 例によってバケツ><; あ、でも半分くらいはウォータークリーナーの排出部に、 雨トイをかまして、流しそうめんのように排水溝まで流します。 でも、残り2tくらいはバケツ;;  池の周りは芝生なので、池の中からダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池作り。シーズン2-1「池直すか;」

 タヌキやらイタチやらで壊滅してしまったわが家の池。 一度完成ーー!!って、思ってしまった物には、なかなか その後気付いた欠陥には目をそむけたくなるもの;;  ということで、 追加濾過層やらなにやらやりたい事は多々ありますが、 今一度池を0から見直してみようかと思います。。。  まずぶっちゃけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芝生を張ろう

 池の作成のついでに周囲に芝生を張ってみる。 実は昔、一回西洋芝で失敗したこともありますが、まとめてカキコ。  芝生には、おもに日本芝・西洋芝の2種類があります。 簡単に分類すると、日本芝は丈夫で夏にその力を発揮します。冬は休眠状態となりますので見た目は枯れた ようになります。もちろん春には青々としてきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池。奮闘記その6「最後に強烈トラブル」

 水も張り、見た目もすっかり池。アクも十分取り、2匹の鯉を試し飼いして数日。 ここから永遠と続く最大のトラブル・・・ 「水が漏れているっ!!!」 そう、蒸発のスピードとは明らかに違う水位の下がり具合。かなり念入りにセメント施工はしたつもりでしたが、 これが甘かった><;。全くもってどこからどいうやって水が抜けてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人になってから飼うカブトムシ。その1「手作り飼育箱」

 実家の畑に積んであった牛糞から、カブトムシの幼虫が出てきた。 という、趣味で畑いじりしてる親父からの一言。思わず向かってしまう私。。。  池造りの翌年の出来事。その年の夏のテーマはカブトムシになりました。 もちろん男の子ですから、子供のころ飼ってました。子供の飼うって、今思えば適当ですよね;; 近所の木工所から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わが実家の池。奮闘記その5「センス作業」

 さて引っ越しの準備をほぼ終えたんですが、引っ越し日当日までに3週間近くという 日数があり(予約早いと費用安いんですよ^^;)、、また実家にとんぼ返りして池の制作に。  池の具合はというと、、、 毒の沼のような水質に まあ、当たり前ですかね^^;コケやら藻やらが猛烈に繁殖し、さらにコンクリか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池。奮闘記その4「コンクリート地獄」

 さて、一通り掘り終えたんだが、ここで問題が。。。 元の池の深さが20cmくらいしかなく、増設する部分だけ掘り下げてもつなげた時に段差が出来てしまう。。 で、出した結論。元の池の部分からスムーズに深くなる程度までで掘り下げるのを中止。そして、 池の周りを、15~20cm逆に盛り上げて深さを出す。これで、水深約45cmキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わが実家の池.。奮闘記その3「ひたすら掘る」

 さて、引っ越し前に1週間ほど実家での滞在期間をキープしていよいよ池をいじる@ 話が少し前後しますが、元の池のとなり?手前?にはぼろっちい薪をしまう納屋がありまして、これをこの日までに 撤去してもらいました。家族に理由は言ってませんけどね^^;  大まかな構想。そう、隣の納屋を壊しそこまで池を広げ、くっつけてしまおうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池。奮闘記その2「出たああー!!」

 「ガサっ!」というか、「ボフっ」という感触。そう厚手のビニール質のゴミ。。。100%そう思った。。。 初めて見ましたね;;そう、泥のような水の中に潜んでいた正体は 巨大なカエル!! ひしゃくが当たっても動かないくらいだもん;そりゃ普通カエルなんて想像できましぇん ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが実家の池。奮闘記その1「衝動」

 私の田舎の実家には死んだおじいちゃんちゃんが、かな~り昔に作った池があったんです。 まあ、池といっても大きなたらいくらいのサイズで深さも15cmくらいのコンクリート張り。もちろん見た目は 岩や草でしっかりした野生感?はあるのですが、いかんせん水を貯めるだけのシンプルなもの。。 子供の頃、金魚だの入れたりしたのですが、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more