テーマ:病気

自由への終焉。。。

 その人がその命の終わりを迎えるという瞬間は、想像できない。 想像出来ないというか、本人しか納得や理解は出来ないだろう。    祖母は高齢の老衰で、まるで電池が切れるように、 ゆっくりと息を引き取りました。。。 終わる終わると思っていたことが、ついに終わったという感覚。 長い人生を走り切ったという…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

パニック発作物語第19話「父の闘病・自分の闘病」

 父のガンの入院生活が始まるとすぐに、自分にも 強烈な体調の劇的な変化が訪れました。。。  ただでさえ少々の「不安」でさえエサに成長してしまうパニック障害。 すでに重症化していた自分には、ただの信号待ちですら、 発作が出てしまうほどの、常に極度の緊張・不安状態。 普通の生活をしてる人でさえ、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

死の告知をされた者。死の告知を聞いた者。

 祖母を失い、これからに向けて気持ちを切り替えていこうとした 直後に突然の父の末期がん、ステージ4宣告。 死の病を告知された人の想いは、告知された本人以外 到底はかり知る事が出来ない。。  今回の記事は少々生々しく、思い出す事、書く事に悩みました。 死の覚悟をした者の行動や考えは、 ド…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

悲劇からの絶望へ階段

 祖母の死をいつまでも引きずるわけにもいかない。 しかし、 僕、父、祖母というギリギリのバランスと均衡で成り立っていた 今までの生活も、これで父と僕との2人暮らしとういう いったいどうなってしまうのかという不安は大きかった。  高齢だった祖母とはいえ、色んな意味でそれだけ我が家にとって 精神的支え…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パニック発作物語第18話「重度のパニック障害」

 今更ながら、この病気に関する記事を書くのはとても怖い。 理解されにくい病気ですし、時には誤解や偏見から、 心無い目で見られ、さらに自分がつらい状況に陥る事もある。。。 それでもこうやって記事にするのは、何故だろうと 日々自問自答する。  人はわからない・理解出来ないものには恐怖し、そして嫌悪する。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

死にゆく祖母が守った約束

 祖母の介護に関する記事は、同じように介護に苦労をしてる人 にとって少しでも役立てばと思い、ホントはもっとゆっくり詳しく 書きたかったのですが、ずいぶん更新に穴をあけてしまい、 今回の記事でお伝えする事になりました。  介護に関しての記事は今年の春に書き始めましたが、 祖母は今年、平成26年1月29…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ちょっとエグイ介護用品関係。

 介護保険の認定が下りるとまずはケアマネジャーがつく。 そのケアマネージャーが介護に関する色々な手配をやってくれる。 介護用品の手配だったり、デイサービスの案内とか。。 まあホントに「マネージャー」って感じです。  大抵はまず、自宅での介護用品の準備に入る訳ですが、 「介護用品ってボッタクリもいいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護保険の申請とか認定とか

 祖母が突然介護が必要になり、正直、 介護保険の申請やらなんちゃらとか、介護にまつわる 公的サービスとか、国の制度とかはさっぱりわかりませんでした。  自分がまだ、そういうのを念入りに把握する年齢ではないですし、 僕は孫なので、やはりそういった手続きや申請は 子である父がやる感じでしたし、一度祖父の時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祖母が介護になりまして。

 長い間、ブログ更新が出来ませんでした。  身体を壊し職を辞め実家に戻り、早7年が経ちます。 実家に戻った頃から、今でも僕、父、祖母の3人暮らし。  病気で勤めに出に行けず、金銭的な面で家族に貢献出来ない 僕にとっては、いつしか家の家事をするのが、 唯一罪滅ぼしのような日常になりました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ハァハァ・・・胃カメラ!

 今回の検査の一環。それは胃カメラ・・・・・・。 「怖えぇ~~・・・;;」 いや、こう見えて立派な大人ですw。 ○○に指を突っ込まれたり、あんな検査やこんな治療、 大抵のことは結構経験&痛みも苦痛も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきらめが肝心・・・

 体調不良から、せめて一か月までにはブログ復帰しようと 思い、あっという間の一か月・・・。 この間、ご心配のコメントや、その他コメント、 返信できなかったことなどをお詫びするとともに、 そのお礼もこの場を借りて感謝いたします コメント返信できなくてスミマセン;&コメントありがとう御座いました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これは・・・何の・・・病気なんだ・・・?

 5月上旬にガクンと身体を壊し、少しは良くなったものの、 病院に行っても、結局完全に良くならず、日々だましだましで、 ちょっと無理してきましたが、、 「アカン・・・・;;。これはアカン・・・・」 あのGWのビッグウェーブよりも、もっと大きなビッグウェーブ。。 何かが・・・身体の中で起きた。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パニック発作物語第17話「女医とJOY出来ません」

 担当医が変わる事になった。 まあ、精神科では案外よくある事らしい。 一つの病院に留まらず、派遣社員のように転勤するのが常の事。  で、 担当医が、「後任の医師はどうしますか?」 と聞かれ、その医師の代わりで来る人はまあまあ若い女医だという。 「んじゃ、その人でww」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新人ナース??

 保育園児の頃、注射で泣くのはきまって僕でした;;  小学校の頃、予防接種の当日に体温計をコタツに入れて 注射回避を試みたのも、僕でした・・・。 (速攻親にバレましたが・・・;;) そんなワタクシも大人になり、注射くらいではビビらない男になりました。  しかし先日、通院先でいつものように血液検査…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

風邪気味?からの・・・

 心のスイッチが切れると、あらゆる欲が無くなる。 食欲・性欲・睡眠欲、あれがしたい、これをしなければとか。 そういった感覚が一切遮断される。。。 「やる気が起きないなあ~」 「気分が冴えないなあ~」 「心が落ち込むなあ~」 とか、 そういう次元をはるかに超えた感覚。 心の意識ではな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心のスイッチ強制OFF・・

 ブログの更新がピタッと止まってしまいました;;。 心のスイッチがOFFになってしまったのです・・・。 この感覚は一般人・健常者には非常に理解しがたい状況。 ある日ある時、突然、 「ああ・・もうどうでもいいやぁ・・・」 という強烈な感覚に襲われる。。  どんなに理性にムチを打って、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

タイミング悪すぎる通院

 毎月1回精神科に通院して安定剤とは発作薬などをもらって ただ帰る程度の、毎回同じ淡々としたした通院。 「あっ・・・・・。今回ヤバいなあ;;。。。」 通院日直前でクラッシュ顔面。。 ニット帽とマスクで少し変装。 これにサングラスだからどう見ても怪しすぎる・・・。  大きな総合病…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログと酒

 「実はブログ作りの9割は飲んで書いています」  通院するようになってから、薬は変われど、「安定剤」という名目の 薬は常に処方されます。 「安定剤」の定義ってなんなんでしょうね・・・。  発作が出た時に発作が治まる? 強烈な不安や、訳のわからない感情の起伏を押さえる?  飲んでる自分も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック発作物語第16話「太る薬」

 先日、パニック発作で沢山の薬と沢山の副作用を経験してきたと お伝えしましたが、どの副作用も大抵は「体調不良」等で 済まされる事ばかり=内面的な事がほとんどで、 いわゆる外から見えるような副作用や、強烈な実感をはたから見て わかるような副作用はほぼありませんでした。 (副作用がほとんど無かった。という意味で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック発作物語第15話「処方薬モルモット」

 パニック発作の通院作業は毎回同じだ。 医者「どうですか?」 ここで、「今のところ変わりなく・・・」 と言えば、今までの薬が処方される。 ここで、「○○がちょっと、、、」と言えばすぐさま新しい薬が登場する。  薬にもいろんな種類があり、単にパニック発作のみだけなら まだいいが、この病気はいろん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パニック発作物語第14話「フラッシュの点滅にご注意ください」

 最近ワイドショーやニュース何かでほぼ必ず出るこのテロップ。。 「激しいフラッシュの点滅にご注意ください」 「何にどう注意すりゃいいんだ?」 まあ、事の発端は昔のポケモンでのてんかん発作事件が元だと 思いますが、僕から言わせてもらえば、 「何を今更・・・」感もあるし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック発作物語第13話「自立支援医療費制度」

 自分が全くの無知だったのか、それとも医者がいい加減だったのか、 「精神科」に通院するにあたっては、国からの医療費補助制度があった。  それは昨年、医者からある日突然打診され、 そして言われるがまま、市役所に診断書やらなにやらを届け出を出し、 あれやこれやで手続きをしたら、 「医療費がタダになっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パニック発作物語第12話「同窓会3連発だと・・・?3日目」

 立て続けのこの夏の同窓会3連発の最終の3日目。 1発目は高校の全体同窓会で、 2発目は中学の一部のメンバー。  そして3発目はというと、これまた中学なんですが、 ちょっと特殊な集まり。  中学時代、近隣の4中学から各代表を何人か選出して、 4校ひっくるめて海外へ短期派遣するという行事?計画が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パニック発作物語第9話「曝露療法とパチンコ発作」

 パニック発作で何かの画面を見るのが苦痛になると言えば、 「発病のきっかけとなったパチンコ屋」  あれからもう行く事ももちろん無く、パチンコ自体にもあまり 興味が無くなっていました。 しかしここ最近(昨年)、フラッと立ち寄ったりしていました。 「自分はもうあの時から何年も経ってる、身体も病気も、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

パニック発作物語第8話「薬服用と自殺一直線」

 以前TVでこんな事を言っていた。 「自殺する人間の約6割が精神科に通院歴があると言う事。」 非常にショッキングな話題だと思いました。  6割の人は治らなかったのか?それとも6割まで増える事が、 そもそも医療的に問題があるのか。。。と。  精神科に通院する事によって、6割の残り4割の人は …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「フリーター荒れ地を買う」第7話「薬・酒・錯乱・発狂」

 人にはそれぞれあまり思いだしたくない過去や出来事があります。 その相手は友人だったり、恋人だったり、そして家族だったりと。。  病気になってからの僕にもそれがあり、今でも思い出すだけで 家族に対して自分が嫌になるような出来事・・・。  それは後にも先にも一度だけ起きた事件。。。  地元…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「フリーター荒れ地を買う」第1話「病気から崩壊、そして実家へと・・・」

 この物語は実録を元に表現しています。 表現や言いまわしにより語弊を招くかも知れませんが、 温かい目で見守って下さるとありがたいです。。。  「病気から崩壊、そして実家へと・・・」  元をたどれば数年前、1人暮らしをしながらの都会生活。 労働基準法を3倍くらい破ったような職場で、ほぼ365日の勤務。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パニック発作物語第7話「負の連鎖」

 「負は連鎖する」 いろんな場所・場面で使う事がある言葉ですが、 パニック発作にも、これはそうでした。  行ける場所・外出できそうな場所が連鎖して減っていくのもそうですが、 ここで僕が知って欲しいのは、 「精神と身体の負の連鎖」  まともに外出出来ない不安・苛立ち・恐怖・喪失感・・・ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

急激な体調不良;;

 実は昨年末から、妙な吐き気が襲うようになりまして;; それを騙し騙しで生活してたんですが、それが治らず、、、 食べても気分が悪くなり、食べなくても気分が悪くなり、 それを慢性的に繰り返すうちに、次第にめまいも起こすようになり、 急に何も出来ない状況になってしまいました
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

パニック発作物語第6話「逃げられない場所」

 一般的にパニック発作を持っている方が嫌がる場所に、 人混み・狭い場所・うるさい所等言われます。 何故なんでしょうか? 実体験から言いますと、 人混み=息苦しい・圧迫感・他人への緊張感 狭い場所=息苦しい・圧迫感・恐怖感 うるさい場所=めまい・頭痛    こういった事が発作を呼び起こしたり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more