葉ニンニクやってみよう

 福地ホワイト六片と並行して作ってみたいニンニク。


それが「葉ニンニク!」






 昨年夏、直売所の店長と雑談をしてる時に、


「何か売れそうで面白い野菜ないですかね~^^?」


と話した所、

いくつか変わった野菜の名前が挙がった。


「なんとかベリー??」

これはまあ、ブルーベリー系の類で、そもそも鳥害が無法地帯の

我が圃場には無理。



「マイクロトマト」

これはなかなか魅力的でした。

かなり高価で取引され、まるで畑のキャビアのような扱い。

しかもその本家は、ココ愛知県内の蒲郡市だという。


 しかしながら、その苗や栽培技術はガッチリ固められており、

たぶんまあ、そこの組織や部会にでも入らなければ

元もこうもないらしい。。

まあ、極めて特殊な特産品を作るというのは、そういう

門外不出的な取り組みが必要なのは仕方がない。

 一応ネットでも、マイクロトマトとうたって苗を販売したりしてる所が

ありますが、う~~んまあ、バッタモンだろうなあ。。


 種子島産ではない安納芋みたいなもんかな。

いや、まだ世に出回ってない分、それ以上か。。。

って事で却下。



 で、最後に残ったのが「葉ニンニク」


ほう。


まさか、ニンニクの葉を食べるとは想像もしていなかったが、

そういった物が商品として「アリ」らしい。


 ようはあれでしょ。

ニンニクの玉じゃなくて、葉を取ればいいんでしょ?って事です。


 以前、出荷してた人が一人いたらしく、結構評判は良かったらしい。

でもすぐに生産・出荷を辞めてしまったとの事。



 てな感じで、あーだこーだと、色々雑談し、話を聞き、

実際自分でも手当り次第「葉ニンニク」について調べた。

ホントね、資料が少なく、かといって評判は悪くなく、

今後の可能性は未知数の野菜。

 こういうの、、、個人的に


「ゾックゾク血が騒ぎます


作れないわけではなく、味も良い。なのに生産者が少ない。


こんな作物、、、、大好物なこばじろうですwwww


画像




 ただし、

栽培過程はニンニクと一緒と言えど、

わからない事はやはり山ほどある。


「どの品種のニンニクを使えばいいか」

「ニラのように切って回転させるのか?株ごと収穫?」


そしてなにより、

「どうやって葉の品質を維持するのか・・・」


 ニンニク作った事がある人ならわかりますが、

タマネギと一緒で、正直、葉の事はよほどでない限り気にしない。

収穫するのは「玉」であって、葉ではないので、

多少葉が枯れても特に問題がないからだ。


 そう、たぶんこれが難しいんだろう。。

タマネギやニンニクの葉なんて、病気じゃなくても

嫌でもほとんど越冬で黄色み・枯死葉が出る。


そこどうすんだろう・・・・????


数少ない文献ですら、通常通り秋に植えると言ってる所もあれば、

春に植えると書いてあるところもある。


「んんんんん・・・どっちだよ;;」


てか、春にニンニクなんて植えたことないしなあ;;。。。

あと、ニンニクの葉なんて気にして観察した事が無い;;。


これはもう、通常のニンニクと並行させて、

失敗ダメもとで観察するしかない><;。。。


 という事で、通常のニンニクと一緒に植えつけ。

ホワイト六片自体、どうなるか微妙なんですが・・・;。


 そして「葉ニンニク」用に選んだ品種は沖縄系の「島ニンニク」


葉ニンニクってね、別に葉大根専用品種みたいに、

そういう専門の品種が無いみたいなんですよ。


 ニンニクはホワイト六片みたいに、大ぶりな寒冷地品種と、

小ぶりな暖地系統に大まかに分かれます。

で、小ぶりな暖地系統のニンニクの葉は、細く柔らかく、


「葉ニンニクとして収穫するに適してる」


ってだけなんです。


葉収穫専用ってわけじゃなく、葉が美味しい品種の葉を収穫する。


 でも、そんな事言われても、正直わかんなかったし、決定的な

品種もなかったです><;。

どの品種のニンニクの葉が美味しいのか?なんて。。。


 なので、個人的な見解で、直感で「島ニンニク」に決めました。

上海早生でもよかったかもしれん・・・・。

そこはまあ、実験という事で。。。


 一応、ネットでは最初から「葉ニンニク」と書いて売ってる種ニンニクも

ありましたが、無茶苦茶高かったので辞めました><;。



 今回の初栽培で一番大事なのは、


「いかに青々とした葉を作り上げる事」


はっきり言って、


「自信なし!!!」



だって越冬すれば、絶対葉先が黄色くなるじゃん;;。。。。


 一応、サビ病だけはさすがに致命傷なので、最低限の消毒を

しますが、いくらニンニクに適用した農薬でも、それはあくまで

玉を取る前提であって、葉を取る前提の登録じゃない。

なので、葉を食べる前提なのに、農薬の葉面散布は

怖いし、最小限にとどめたい。


 あと青々とした葉に仕上げるには、「チッソ系肥料を」と

単純に思ってしまいますが、

ユリ科にガンガンチッソを与えると、これまたサビ病の発生を促すので、

悪循環になってしまい、その辺の調整も必要です。


はたしてどうなる「葉ニンニク」


↓こんな風に綺麗に出来ればいいんだけどね。。

画像



↓ブログ村に1日1たぬきクリック応援のほどよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

H2
2014年03月27日 22:23
葉ニンニクですか。初見でした。葉は食べられないのかなぁとは前から思っていましたが、普通のは固いし。葉ニンニク用は柔らかそうですね。ニラっぽく使う感じですか。

あと、ニンニクはガーリックパウダーになってると普段の料理で気軽に使えますね。地域で産地化できれば、共同で加工に手を出す選択もあるのでしょうが。