小型ビニールハウスをついに作る!-3

 棚の足りない部品を待つ間、もうビニールを張ってしまおう。

と、いっても特にこれといったネタになるような作業ではなく;;

腹蒔きのようにハウスをビニールでグルっと巻きながら

あらかじめ取り付けてあるビニバーという金具に、

「wwwwww」←こんな形の針金金具をはめ込みながら

ビニールを固定していきます。


 この作業はビニールを引っ張りながらはめ込んでいくので、

正直1人ではしんどかった><;。(2人がおススメ;)


そして、

付属されていた側幕のビニールはかなりゆとりがあるので、

さほど上下左右の余りしろを気にする事はないのですが、

その調子で天幕も作業にかかったらこれが一変><;。

天幕は前後(長い側)の長さがかなりピッチピチ


 奥側からスタートし、徐々に入口方面へと固定していく。

いよいよ最後入口(前面)で留めて完成~~・・・のはずが。。


画像



たっw足らないじゃないか・・・


 張りなおそうかと悩みましたが、金具を外す時に、

どこかしらビニールを破ってしまいそうな気がしたので、

届かない箇所のビニバー金具そのものを、上のほうに

ずり上げで修正しました^^;。


そんなこんなでビニール完了。

画像


画像



半円ドーム型ではなく、「⌂」型なのでいい感じにスッキリです!


 せっかく完成したので、ちょうど作っていた冬野菜苗を

無理矢理並べてみました。

画像



 翌々日、、

なにやらこの時期としては何十年ぶりかの「夏日」とか><;


・・・ちょっw


ええ。。画像は無いですがかなりの苗が蒸し野菜に;;。。。

(ホント余計な事をしました・・・。)


 さらに次の日、今度は結構な強風が。。。

大丈夫なのかとハウスを見に行ってみると、

なんとなくドアが開けづらい。


(強風で少し歪んだのかな・・・


そんな首を傾げてると、そこにさらなる突風@@@


ブフォォオオーーw


だ、大丈夫かコレ@@;??と、とっさにハウスを押さえた時に

ドアの歪みの理由に気付いた。


「ハウスが南東に20cm移動してるやんか


ドアが歪んだのではなく、突風に押されてハウス全体が

ラセン杭ごと無理矢理グリグリ引っ張って歪んだらしい;;


これはマズイ・・・w

さすが、「楽々移動」がウリの置き型式ハウスだけある。

ホントに楽々移動した。。。

って、笑ってられんw
 

 本来は、何か建物の真横とかが風対策に良いんでしょうが、

我家は設置場所はそれも無し。

そして固定のメインとなるラセン杭なんですが、

つい夏まで畑として使っていた箇所なので土壌が耕されていて

ラセン杭がイマイチゆるかったのも原因;。。


 何か対策を、と考えたのが


「中のパイプ苗棚とハウスを連結作戦」


棚の柱は地中に埋まってるし、苗自体が重石になる。

骨組み棚パイプとクランプを追加して強化。

画像



そしてこんな感じにヒナ段にジョイントして改良↓

画像



同時制作してた南側の垂直3段棚にも連結↓

画像



これでも危なかったら、ラセン杭増やそうかと思いますが、

よっぽど大丈夫かと・・・。(台風以外・・)


 ハウス&棚自体はこれにて完成です。

あとはちょちょっと個人的に取り付けしたい、便利グッズ等

オプションがあるので、次回ご紹介します。


↓ご参考になりましたら、ブログランキングへ
 1クリック応援のほどよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント