小型ビニールハウスをついに作る!-2

 骨組みが完成したビニールハウス。

育苗やその作業に使用するのが目的のハウスなので、

効率よく、かつ機能的に上手く活用できるように、

ビニール張りの前に棚を自作でDIYします。


 棚と言っても、木材やらでまともに日曜大工すると

かなり材料費もかかってしまうし、常に水がかかる事を考え

たら、それの防止の手間もさらにかかってしまいます。


 と言う事で、用意したのはコレ↓!

画像



まあ、金属パイプと言えば金属パイプですが、

ホームセンターではちょっと売ってない金属パイプです。

これを組み合わせていわゆる「骨組み」のようなパイプ棚を

作るという訳ですが、ここでちょっとDIY豆知識。


 ホームセンターの資材コーナーなどでよく見かける金属パイプ。

いろんな種類があるように見えますが、実は長さの違いだけで、

直径の規格は「48.6mm」と統一されているのがほとんど。

これがいわゆる「単管パイプ」と呼ばれるもので、

建築現場の足場等に使われる金属パイプなのです。

 そのパイプに使ういろんなパーツも売られていますが、

それらもこの48.6mmに合わせた物がほとんどです。

 ホムセンではいろ~~んな金属パイプが売られてて、

いろ~んな部品が売ってるんだな~と、思っちゃいますが

実はその大半が、わずか1つの規格に合わせた物なんです^^;。


 さて話を戻して、

僕が使用するのはその単管パイプではなく、

「電機資材として使われる金属パイプ。」

 5cm近い単管パイプではちょっと太すぎというのと、

意外に単管パイプってのは値段が高いって言うのが厳しい><;


 電材用のこのパイプは、直径の規格も多く、

僕が取り寄せたのは直径31mmx3660mmサイズ。

ちょうどモノ干し竿的な感じです。

松下電機の電材資材なので、

鉄パイプなのに[Panasonic]なんて刻印もあります^^;


 このパイプを相変わらず設計図無しでカットww

カットにはどこのご家庭にも一台はある、こちらの金属用の

電動ノコギリ!!(・・・うそです、もちろん借りました

画像



 そしてパイプ同士を組み合わせるのに使うのが、

「クランプ」と呼ばれる金具。

これがまた探すのに非常に苦労しました・・・;。

上記に言った通り、ホームセンターで売っている部品は

48.6mm規格がほとんど。当然クランプも然り><;

 電ノコを貸して下さった方が、

「あそこの○○というホムセンで、小さいクランプを見た気がする」

との情報で、ずいぶん遠くまで・・・になりましたが、

ホントに売ってて感激&ようやくゲット。

画像



 31.8mm用なのでこれでなんとかなりそうです!


 このクランプを待ちわびていたので、手に入るやいなや、

一気に棚作り作業を開始。(早くビニール張りたいしね><;)

画像



 設計図は無いですが、イメージとしては、

入口から見て、南側(左)に3段の垂直棚。そしてそれによって

日当たりが少し劣る北側(右)はヒナ段の形に3段で作ります。

柱となる縦パイプは打ち込みで力づくです。

当然、水平が不安定になるので、そこは最終段階で

ハンマーで叩いて調整です。

(ホントはしっかり「足」を付けた方が良いかと思います・・)


 ↓ヒナ段3段(右)がこんな感じ。

画像



続いて左の垂直棚も、ガンガンやってしまいますw

画像



・・・が、

ここで、まさかのクランプ部品切れ;;。。。

しかも、僕がそのホムセンで大量に買ったせいで在庫切れ;。。

そうそう売れる部品じゃないからなあ~^^;。


 作業が乗ってる段階で部品不足って結構凹みますよね

 でもこればっかりはどうにもならないので、

部品が足らない箇所以外の作業は、出来るだけ終わらせます。

そして近々天気が下り坂と言う事なので、屋根が欲しい><;


と言う事で、、、


「この段階でもう先にビニールを張ってしまおう。」


って事にしました

これでいよいよ「骨組み」が念願の「小屋」になります^^。

↓ブログランキングに1クリック応援のほどよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント