畑の夜の暗殺者

 葉っぱをかじる、実をかじる、汁を吸う。

こういう類の虫、害虫はそれはそれで大変ですが、昼間目に見えたり

現場を目撃する事が多い。

厄介なのは夜間のみ現れる害虫。

その中でも異質なのが「ネキリムシ」。


 名前的なイメージだと、まるでカミキリムシ?的なのを想像なんですが、

実はイモム虫w

「カブラヤガ」「タマナヤガ」というたぐいの野蛾の幼虫です。

襲われると一晩でこうなる。

画像


 少しわかりにくい画像ですが、簡単に言えば根元をハサミで切ったと一緒。

根と茎の境目、つまり根元だけを食す害虫。

ホント、「スパーンッ」と切ったかのように苗の息の根を一晩で止める

恐ろしいやつ。というか、、、

「喰うなら全部喰えよ

と、思うくらい、食べられたというより、嫌がらせされた気分に・・・。

 で、昼間はのうのうと、大胆に株元で爆睡してます。

じゃ、

サラっと掘ってみよう。

画像



これが「ネキリムシ」。

まあ、掘るなんてほどではないです。首をかっ切られた根元の1~2cm

程度の深さに居ます。手でササッと土を払うくらいで見つかります。

 防御態勢で大人しく丸まってますが、どうやって殺そうなどと考えてると、

ものの数秒で走りだします

 これ、ほっとくと、毎晩毎晩確実に移動しながらどんどん苗の首を

狩られて行きます

駆除しましょう。


 ちなみに、良く間違えるのが、何と言いますか、画像が無いので、、、

画像


 これはカブトムシの幼虫ですが、これに似た幼虫(もちろんサイズは様々で、

1cm~5cmとか)が、畑等に居ますが、これはネキリムシでは無いデス。

こういった形状の幼虫は「甲虫」のたぐいの幼虫であることが多いです。

 学式的には詳しくないですが、「甲虫」ってのはその名の通り、甲羅のような

体を持った昆虫かな。「カナブン」「カブトムシ」「クワガタ」「コガネムシ」etc・・・

いずれも形状は違えど、似たような固い羽根や固い体をしてますね^^。

だからまあ、幼虫は似たような形、(頭茶色・体白・お尻青っぽい)なんです。

 実際昔気になって育てたら、散々じらして見事カナブンとかに@@;。。。

 「わーい!カブトムシの幼虫だ~~」なんて期待は出来ません

彼らは成虫になってから一部害にはなります。出来れば駆除でもおk。

 逆にこの「ネキリムシ」なんかは俗に言うイモムシですね。幼虫時に暴れる。

こういった形状というか、柔らかいモゴモゴした表面というか、、

の幼虫は大抵蛾や蝶の子供です。

(案外蝶の幼虫の方が見た目グロテスクデスヨ><、アゲハとか・・)

 
 と、

話はそれましたが、実はこれが怖くて直蒔きしなかったんですが、

まんまとやられました

今更ですが少し対処しましょう;;

「ダイアジノン」を株元に一つまみづつヘッコラ、エッコラ

もう首切りは勘弁してくれ~~~

↓ブログランキングに1クリックどうぞよろしくです
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント